もっともっと日本を

リアルなのかゲームなのかわからない一瞬が

v1.0では縮尺の変更が大きなポイントではあったのですが、それだけではなく、広がった分のスペースにも新規エリアが登場したり、新しいアイテムやAI車が追加されたりしました。
交通案内標識もどんどん改良され、現地にあるものとほぼ同じものが設置できるように。
時間がかかった分、大幅な更新となったのです。
リビルトも実行されたので、それまでの知っていたMAPとは全く違ったものに見えた方もいたかもしれません。
更にいわゆる「酷道」もたくさん実装され、多くのプレイヤーを苦しめました(製作者は歓喜)

酷道はやっぱり酷かった!

ハドカンもますます厳しくなり、さじをぶん投げるプレイヤーも続出(製作者はニンマリ)
もちろんお遊びだけではなく、きっちりと標識や本家ETS2にはない立体物流倉庫、日本独自のスマートICなどリアルに基づいたものも製作・実装されていきました。

ETS2本体にはない(v1.43時点)、仕事を請けることが出来る立体物流倉庫

そして未来へ

その後開発は進めているものの、ETS2本体のアップデートがこれまでにないペースで進められるようになり、しかも内容がMOD製作者には手間のかかる変更を強いられる内容が多く、最新バージョンに対応させるための作業に取り掛かる時間が増えていきました。
アプデというと主に改善が含まれるので、使う側にとっては良いことなのですが中身を触るとなるとそうもいかず、アプデ恐怖症ともいうべきか「アプデ」と聞くとビクッとする体質になったとかならないとか・・・

さて、ここまできて今までのMAPを一部リビルトする案が出ました。
初期エリアの北陸は、それ自体はよくできていましたが細かな部分はやはり日本人の視点で見ると違和感も感じるところはあります。
四国エリアはPJ立ち上げ以前の製作物がベースなので、新規エリアとのバランスやこれから延伸していく場合に無理が出そうな場所もあったりします。
もしここで手をつけずに開発を進めMAPを広げていくと、仮に「リビルトしないと無理」という事態になったとしても手遅れになる可能性が高く、最悪開発が頓挫するということにもなりかねません。
そこで・・・

ターン!

担当者は言った「やるなら今だ。」(プロジェk・・・


そうして将来のちゃんとした拡張に向けてリビルトが始まったのです。
プレイヤーのみなさんは「そんなのいいから新しいエリアだしてよ」と思ってますよね。 よーくわかります。
しかし、その新しいエリアが将来気持ちよく走れるための作業なので、理解してあげてください。

作業の甲斐あって2021年11月にはリビルトエリアを中心(ほんのちょっとですが)としたティーザー動画がUPされました。
以前にも増して現実に近くなったMAPというのが見ていただくとわかるのではないでしょうか。
リリースまではまだ時間が必要ですが、きっとみなさんに「すごい」と言っていただけるようなMAPになることと思います。

地元の方が見るとすぐわかるかも?   

次ページへ続く

返信がありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。