ProjectJapan物語

ここでは、あまり知られていないProjectJapanのお話を載せています
よかったら読んでいってください

かっこいいバック進入! PJの醍醐味の一つ

PJの始まりは?誰が始めたの?

Projectjapanをプレイ中、ふと思ったことはありませんか?
「北陸、四国、関西?なぜバラバラに作っちゃうの?」

そう、PJ最大の不思議といってもいいくらいの開発エリア飛び地現象。
ありえないフェリー移動で「こんなのないわ」とお嘆きの方もいることでしょう。
いったいPJってどんな歴史があって、どうしてこんなMAP構成になっちゃったのか。
かなり簡単にですがお話ししてみましょう・・・

時は2017年。
当時の製作者はPJ創始者でもあるStoked Dude氏で、ほぼ一人で北陸エリアを開発していました。 ん?いきなり北陸?

なぜ北陸なのか?

始まりが北陸・・・なんでやねんって言ったそこの方、私たち現PJメンバーも当時そう思いましたよ。
仮に、現PJメンバーが集まって日本のMAPをゼロから作ろうとした場合、東京、大阪、京都など日本の主な都市、世界的にも名前が通じるような有名な都市を選択するでしょう。
皆さんも作る側だとしたら、そうだと思います。

しかし、彼はそうしませんでした。
答えは意外にも単純なもので、私たち日本人の発想では行きつかないものでした。
日本地図を見て、北陸の位置に何か気づきませんか?
単純なことでした。 彼は北陸地方が日本地図の真ん中あたりだから製作を始めたのです。

日本の真ん中だからって発想は面白い!

海外から見た日本の視点、面白いですね!
その後、日本のMODDER諸氏が協力しモデルなどを提供し初期のPJが完成。
結果的に、ビルも建ってる都市部と原風景ともいうべき田舎とが混在するエリアとなり、日本をとても感じることができるMAPとなりました。

必見!ProjectJapan初のPV
走行エリアは北陸が最初でした

作業自体は実質一人で地道に行っていたため、作業スピードや更新頻度は決して早くなく、製作者もプライベートや他の製作活動に時間をとられたりといった日が続き、徐々に活動は低迷していきました。

PJ存亡の危機を越えて

Stoked Dude氏が多忙のためPJの活動継続が困難となり、更新がされない期間が長期間ありました。
このままではせっかくの良いMODが消えていってしまう。
そう考えた一人の漢(karu氏)が立ち上がり、2019年夏にProjectjapanは日本人メンバーを中心とした製作チームへと引き継がれることになりました。

Dude氏は顧問的な存在となり、新たにkaru氏がプロジェクトリーダーに。
各方面で活躍するMODDERが集まり、現在に至るまで活発に活動をおこなっています。
活動再開に際してまず行ったのが、バージョン対応作業でした。
ETS2本体がアップデートを重ね、そのままでは動かなかったPJを再び動かす。
それまでプレイでお世話になっていた「ProjectJapan」を、今度は自分たちの手でプレイヤーに届ける。
こんなにやりがいのある、素晴らしい製作活動をやれる日が来ようとは!

そして新生PJの初めてのPVが完成しました。
最初のPVはとにかく「PJが帰ってくるよ!」というお知らせ的なもの。
もう日本のマップは走れなくなるのかなぁと悲しんでいたプレイヤーさんも多かったと思いますが、まさにビッグニュースとなったのではないでしょうか。

あのPJが帰ってくる!ETS2バージョンは1.35でした
海外でも大きなニュースでした(字幕推奨)

次ページへ続く

返信がありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。