さらに拡張・充実させるために

関西方面の実装で、ビルにかこまれた大都会の中を走ることが出来るようになりました。
日本の田舎道と都会、相反するエリアを拡張していけるようになったことで、製作の幅も広がりました。
そうなってくると欲が出てきます。
「あのエリアをもっとこうしたいけど、もう作るスペースもないし・・・」
「ジャンクション作ったら街が入らない」

そうです。ETS2の縮尺は1/19ですので、当然のようにPJもそれに合わせて製作されていました。
日本の高速道路網は複雑で、特に都会ではジャンクションも特徴ある構造をしたものが多く、その風景だけでどこだか分かるくらいのものがあります。
そうしたものを充実させながら、本質でもある「トラックでの配送」を満足させるにはもはや1/19では手狭になってしまっていました。

そこで大胆な行動に出ます。
縮尺の変更、すなわちマップを全部やり替える。
この結論に至るまでには紆余曲折ありました。作業量、時間の問題、海外メンバーとの折衝、メンバー同士の考え方、プレイヤーへの理解etc.
相当なパワーをもって臨まないとクリアできそうにありませんでした。
しかしそこは根性(?)で乗り切るわけです(謎理論)

こうしてPJは2度目の生まれ変わりを見せます。
1/19の縮尺を1/10へ、大幅な変更でPV公開に至るまで約半年かかりました。
v1.0シリーズへの移行です。
PVは2020年12月中旬にプレミア公開され、多くのファンが生まれ変わったPJを目の当たりにしました。
そしてここであの名曲が2度目の登場、ますますPJのテーマになってきました。

あの明石海峡大橋もリニューアル!

次ページへ続く

返信がありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。